ネガテイブな感情との向きあい方

こんにちは

真実の愛で映し合うパートナーシップ専門家 陽子です

 

 

嫌なことがあったとき


なぜ苦しくなるのか?

 

それは 「欲しくないものを得ているから」 ですよね

 

これは一見辛いけれど実は

 

欲しいものを手にするチャンス なんです

 

でもそれは 今浮上している

ネガティブな感情を感じられてこそ可能になること

 

今回は
ネガティブな感情を感じるには

どうしたらいいのか をお伝えしますね

 

見えない感情のことを言葉で伝えることは
とても難しいのですが


わたしも心を尽くしますので

みなさんも 頭ではなく
ハートで受け取っていただけたら嬉しいです

 

 

 

=============================================
ステップ1 安心できるスペースを確保すること
=============================================

 

感情はとても繊細です

なんとかしょうとすると 固くなって閉ざしてしまいます

 

まずは あなた自身が 安心できる
独りのスペースで リラックスしてください

 

とはいえ ネガティブな感情が湧いているとき
心からリラックスはできないですよね

それはわかります

その中でもベストを尽くして
自分が緊張しないですむ状態を作ってください

 

好きな部屋 (車やお風呂でもOKです)
好きな音楽
好きな香り
好きな花

 

そんなものが あなたを助けてくれます

 

=======================
感じようとすると起きること
=======================

 

安心できる場所で
目を閉じて 深呼吸してください

 

辛いとき 息をしていることすら忘れちゃいますよね

まずは 自分が生きていることを確認しましょう(笑)

 

シリアスになると 感情は暴走します
そして あなたを巻き込みます

こうなると 感情を感じることができなくなります

 

必要なのは 感じられるスペースです

 

すべて 過去のことなのです

今のあなたが
過去の出来事を見つめている
過去のことに関連する感情を感じている

 

この意識を忘れないでください

 

そして
感情を感じようとするとき
一番厄介なのが 「頭の声」 です

 

例えば・・

誰かの言動に怒りが湧きます 

 

すると 「怒っちゃいけない」 と瞬時に頭が反応して
たくみに怒りを抑えるってことないですか?

 

 あの人も いい人だし いつもよくしてくれるんだ
 こうなるのは わたしが悪いんだ
 わたしさえ我慢したらいんだ

 

なんていう頭の声がそうですね

 

これは全部感情を抑圧するための
頭の優しさであり トリックです

 

それに惑わされずに 怒りだけを感じて

その怒りの声を表現させてあげます

 

これは 相手にぶつけるということではなく
あなた自身が 一人で行うことです

 

感情は子供っぽいものです

 

理論的ではないんです

 

理論がくると 感情はとたんにひっこみます

 

感情を感じようとすると
湧き上がる頭の声いろいろ

思考がめぐり始めたら

感情を感じることを 避けようとしていることに

気がついてくださいね

 

頭はどうしても
感情を感じることを 回避したくなるのです

 

なぜなら 頭は分析・判断するのが得意だからです

 

ここが自分一人で感じることが
難しいポイントですね

 

無理なときは 感じることをやめましょう

 

まだ準備ができていないのかもしれません

 

感情には
「必ず 感じるから もう少し待っていてね」 と

 

頭の声には
「わたしは感じても大丈夫だよ」 と

声をかけることで いったん力を抜きましょう

 

 

===========================================
ステップ2  湧いてくる感情に寄り添います
===========================================

 

自分が安心できるスペースを確保したなら

湧き上がる感情に寄り添います

 

そのときに人は
無意識に感情をなくそうとします

 

でも そのアプローチは必ず失敗します

 

なくそうとしないこと

ただ寄り添うこと

この気持ちが大切です

 

感情はあなたではありません

 

あなたの中に湧いたエネルギーです

 

怒りをため込むから 怒った人になる
哀しみをため込むから 哀しんでいる人になる 

 

ただ 感情の動きを見ていてください

 

どんな風に暴れたいのか
何を表現したいのか

それをあなたが見守っていられたなら

感情はあなたを通り抜けていきます

 

どんな感情も ここに表現される権利があります

 

あなたにわかって欲しいんです

 

感情に対する操作を一切やめて
感情に寄り添えたとき はじめて

感情は流れます

 

 

======================================
ギフト♡  ネガティブな感情の下にある宝物
======================================

 

感情が流れたとき はじめて

 

自分がいかに辛かったのかが

自分でわかるんです

 

言葉にすれば薄っぺらいですが

自分が自分のことをわかることほど

大きな癒しはありません

 

今のあなたが
過去のあなたの気持ちをわかってあげることが

一番の癒しです

 

頭で理解するのではなく

本当に心が動き 内側からの深い理解が訪れるとき

 

大きな歓びに包まれます

 

誰かに理解を求めることが必要でなくなります

 

「わたしが わたしをわかっている」

 

この感覚が内側から湧くと どんな感じがするか

想像できますか?

 

言葉にならない安心感に包まれます

 

「あぁ わたしはわたしでいいんだ」

 

ということが 本当に腑に落ちます

 

それくらい ネガティブな感情の声を聞くことの
ギフトは素晴らしいのです

 

こうやって 自分と繋がることは

自分を信頼すること 自信に繋がります

 

その信頼ができると

「わたしは〇〇が欲しい」 という声が

自然とどんどんあがってきます

 

自分が欲しいものを知ることは

楽しいこと!

 

ここからが ワクワクの道に繋がって行くんです

 

まずは
あなた自身が
自分の感情を感じられるようになってくださいね

 

自分の人生を生きるための

大切な大切なステップです

 

 

 

実はこのステップ
一人でするのは難しいんです

 

「頭ではわかっているのだけれど
 なかなかできませんでした」


とクライアントさんから聞きます

 

どうしても 頭の声や考えに巻き込まれて
自己分析してしまうんですね

 

これでは 感情は残ってしまい
また同じパターンの出来事を引き寄せてしまいます

 

わたしたちのセッションで
「はじめて体験できました!」 と笑顔になられます

 

自分で自分の感情を感じられるようになるためには
一つのあり方が必要です

 

今ここにいる 

 

というあり方です

 

 

 

しっかり身につけたい方には
3か月・半年のコースをご用意していますので
お問合せくださいね

 

`根本変容`集中プログラム

 

 

 

 

ありのままの自分で生きたい方

真実の愛に出逢いたい方

 

メルマガ登録お待ちしています

「大人の愛の見つけ方」

http://www.flowering-g.jp/mailmagazine

●floweringセラピーはあなたの愛の扉を開きます
http://flowering-g.jp

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントする