行動できない人が陥っているパターン

こんにちは

真実の愛で映し合うパートナーシップ専門家 陽子です

 

日々 いろんな方の心うちを
見せていただきます

みなさん 本当に一生懸命だなと

愛おしくなります

 

自分という「いのち」を生きたい!

 

そういう願いが伝わってきます

 

でもね
願いを行動に移すことが

苦手な方もけっこう多いようです

 

願うけれど動けないとき
どんなことが起きているのでしょうか

 

 

1 わたしに何ができるんだろう?

 

 

入口がここなんです

 

自分が「できること」を探しています

 

それは 行動できないですね

 

できることを考えて
人は動くのわけではありません

 

そもそも 「いのち」はできることじゃないからね

 

自然と「起きること」です

 

といっても
考えることが癖になっていると
よくわからない話かもしれません

 

「何ができるか」 ではなく

 

「何がしたいか」

 

こちらにフォーカスしてください

 

できること=失敗がないこと

 

を求めています

 

したいこと=やりたい!=やるしかない!

 

この衝動が
あなたを突き動かすんです

 

 

この衝動が湧かないのは

 

考えすぎているから!!

 

 

ちなみに
考えすぎるのはなぜか・・

 

それは

「ネガティブな感情を感じたくないから」 です

 

失敗を恐れるのも同じです

 

失敗したときの 惨めさ 悲しさ 悔しさ を

体験したくないからです

 

でも 感情を感じることができたなら

 

失敗することの不安はなくなります
あっても 対処できるものになるんです

 

 

 

2 こんなことして誰が喜ぶの?

 

したいことが見つかった

でも行動に移せない

 

そういう人はみんな言うんです

 

「こんなことして喜んでくれる人が いるんだろうか」

 

います!

 

自分が喜びます!

 

あなたが喜ぶことが

素敵な循環の原点です

 

この原点がなくて

どうやって いのちを生きるっていうのでしょう

 

自分が喜ぶことに

 

OKを出してください

 

 

 

 

3 誰に向けていいのかわからない

 

 

考えていても 答えはでません

 

動くことで わかってくるんです

 

最初から ゴールは見えないものです

 

人と接することで わかってくるんです

 

あなたの中の当たり前が

他の人にとっては 違うんだ

 

あなたが何気なくできることを

喜んでくれる人がいるんだ

 

喜んでくれる人のエネルギーが

あなたを励ましてくれます

 

それは
一人部屋に籠っていたら

絶対にわかりません!!

 

思考からでて 

行動する人だけが

体験できることです

 

あなたが あなたのいのちを

世に放ってこそ

 

初めて起きてくること

 

スタートは「あなたから」 なんです

 

最初は怖いですよ

 

でも そんな怖さより

いのちが冷えこむ事の方が

もっと怖くないですか?

 

「残りの人生 このままでいいの?」

 

自分に聞いてください

 

最初の一歩
あなたを 励ますのは あなた自身

 

自分を勇気づけてあげましょう

 

もしくは
あなたを切羽詰まらせてあげましょう(笑)

 

 

 

思考は 他人目線に陥りがちです

 

周りの人はどんな風に見るだろう?
なんて言うだろう?
わかってもらえるだろうか?

 

そんな時は

 

今ここにいる 自分にフォーカスしてください

 

「わたしはどうしたいの?」

 

周りに合わせることも
大切なこともあるけれど

 

最初の一歩は
自分の内側から湧きます

 

あなたの情熱

今ここに湧きます

 

思考にはありません

 

あなたの好き

今ここに湧きます

 

思考にはありません

 

 

何かになろうとするのをやめて

 

ありのままのあなたで

ここにいてくださいね

 

 

 

いい訳をやめて

 

そろそろ動きませんか?

 

人生 そう長くないですよ

 

 

 

 

 

 

 

ありのままの自分で生きたい方

真実の愛に出逢いたい方

 

メルマガ登録お待ちしています

 

「大人の愛の見つけ方」

http://www.flowering-g.jp/mailmagazine

 

 

●floweringセラピーはあなたの愛の扉を開きます
http://flowering-g.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントする