嫉妬の奥に隠れているもの②

こんにちは

あなたを内なる愛に導くセラピスト 陽子です

 

「嫉妬」についての質問に
昨日お応えしました

 

「嫉妬の奥に隠れているもの」 前編はこちら

 

嫉妬の奥に隠れているもの

 

嫉妬することの中に

あなたが欲しいものがあります

 

目の前の人は持っているのに

自分が持っていない

だから嫉妬がわきます

 

前編では こう書きました

 

嫉妬が湧く事は

 

あなたが今はまだ持っていないけれど

実は 近い未来に持ちうるものなのです

 

この可能性も秘めていることも

覚えておいてくださいね

 

例えば

カリスマ性のある人に憧れを持つのなら

 

あなたの中にも
人を惹きつけるものがあるということです

 

彼が人気者であることが羨ましいのなら

あなたの中にも 人気者になる質があるんです

 

人に好かれて 頼りにされて

賑やかな場でスポットライトを浴びるような

 

そんな華やかさを持っているということです

 

でもまだそれは眠っていて 使えていないから

自分の中にはないものだと思いこんでしまい

他者に嫉妬してしまいます

 

 

人生を切り開き 自由に生きている人が

キラキラ羨ましく見えるのなら

 

あなたの中の 「自由」や「強さ」が

 

芽を出したがっているということです

 

それなのに

「自分にはない」というジャッジの目で

この現実をみるから

 

「わたしは人と比べてダメなんだ」と

ないことばかり意識が向いて

 

輝いている人を見たくなくて蓋をします

惨めさを感じたくないからという理由で・・

 

これは 勿体ないことです

自らの可能性を立ち切ってしまいます

 

 

なぜなら

なりたいものに近づくためには

 

そうなっている人と一緒にいることは

とても助けになるんです

 

それを実現している人と一緒にいると

いい影響を受けます

 

考えかた 行動の仕方

選択の仕方

そのときのエネルギーや 波動

 

目に見えない いろいろなものを

肌で感じ 受け取ります

 

何かを実現している人は

言い訳にエネルギーを使いませんから

 

それだけでも 影響を受ける価値ありです

 

本当に大切にしたいものが何かを知っていて

 

そこに向かって

自分自身と 時間・お金などのエネルギーを使います

 

それを邪魔するものは許さない

 

それくらいの まっすぐでアツイものがあります

 

「決めるだけ」

「決めたら 動く」

 

このことを体験から知っているので

 

決断に迷いがありません

 

シンプルですよね

 

 

 

 

 

今あなたが まだ迷って不安がいっぱいだとしても

 

身近に素敵な人を見るのなら

 

自分はダメだと疎外感を感じて 拗ねているのではなく

 

いずれこれも 自分の現実になっていくことなんだと

 

その人の動向を見てみてください

 

 

外側に見る どんな素敵なものも

 

あなたの中にあるものです

 

 

自分は持っていないんだと卑下して

 

誰かをあなたの上に立たせないでください

 

 

あなたの人生

 

あなたが主人公です

 

 

必要なものは あなたの中にあります

 

自分以外のものになるのではなく

 

あなたの中にある

眠っているものに

光をあてましょう

 

 

そのためにも

 

今ここにある 「あるもの」 に気づくこと

 

この感性が必要です

 

 

「ない」にフォーカスするのではなく

 

あなたが持っているものに気づきましょう

 

 

今ここにある 豊かさに気づいてください

 

 

頭は足りないものを探すことが得意です

 

 

じゃあ あるものに気づくのは誰でしょう?

 

 

それができるのは

 

今ここにいるあなた自身だけです

 

 

ないことよりも

 

あるものに意識を向けることができる感性が

 

あなたを成長させてくれます

 

 

あるものに意識が向けられたとき

 

あなたは 嫉妬というエネルギーから

 

自由になっていることに気づくでしょう

 

 

 

 

 

 

◆真実の愛に出逢いたい方は

メルマガ登録お待ちしています

 

「大人の愛の見つけ方」

http://www.flowering-g.jp/mailmagazine

 

 

◆floweringセラピーはあなたの愛の扉を開きます
http://flowering-g.jp

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントする