「わたしが悪いんだ」 あなたを被害者に閉じ込める言葉

 

「『自分が悪んだ』という気持ちがなかなか消えません

 どうしたらいいか教えてください」

 

と 質問頂きました

 

クライアントさんがよく口にする言葉で

「わたしが悪かったんです」 というのがあります

 

罪悪感の一種ですね

 

 

「わたしが悪かった」 というのは

一見 美しいことのように思えますが

 

いつも口癖のようになっているのであれば

 

自分の本当の気持ちや 感情をごまかす言葉に

なっていないかを意識してみてください

 

 

「自分が悪かったんだ」 と思うとき

 

人は傷ついています

 

相手に怒りをぶつけられた

相手にジャッジをされた

「あなたは間違っている」 「それはおかしい」 

 

そんな言葉を投げかけられて

感じ切れない痛みや感情があると

 

「あぁ でもわたしも悪いんだなぁ・・」 と思考が湧きます

 

「わたしも悪かったんだから こうなるのは仕方ない」

 

この「仕方ない」 という諦めも

「わたしが悪かった」 と同じ効果をもちます

 

感情を感じることを 避けられる言葉です

 

痛みを感じないように

感情を感じることを遮断する効果があります

 

そうやって 悲しさや怒りを

納得させるしかなかったんですね

 

 

 

 

でもそんなあなたも 責めないでくださいね

 

幼い頃 そう考えることでしか

わかってくれない両親のもと 

生きていくことができなかったんです

 

幼い少女・少年たちは

そうやって自分を責めることで

健気にも生き貫いてきたんです

 

本当は

「こんなお母さんなんて だいっキライ!」

 

そう叫びたかったでしょう

 

でもそれをぐっと押し殺して

両親の言うことを聞いてきたのです

 

なんて愛おしいのでしょう

 

あなたの中にいる 幼いあなたと対話してくださいね

 

 

※ここを話すと長くなるので割愛しますが

 どんな風に話せばいいのかは HPをみてください

 

 「インナーチャイルドを癒す」

 http://www.flowering-g.jp/f_therapy/innerchild.html

 

 

 

でも大人になった今も

自分が悪いと 自分を抑え込んでいいんですか?

 

自己否定しつづけて 欲しいものを諦めますか?

 

 

自己否定する気持ちは

あなたを小さくします

 

あなたのパワーを抑えます

 

自分を生きるよりも

相手に合わせる人生となってしまいます

 

 

それでもいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

「わたしが悪い」 という思考が

あなたを責める人をつくります

 

 

本当は 誰もあなたを責めていないんです

 

 

あなたが自分を責めているから

 

人のジャッジを引き受けてしまうんです

 

「あの人はわたしに怒っている」

「わたしを責めている」

 

やっぱり わたしは嫌われている・・

 

そんな風に 勝手に受け取ってしまう癖が

ついているしまっていることに

 

気が付いておられるでしょうか?

 

 

 

ここから ちょっと厳しいことを言います

 

 

なぜこれを言うかというと

すべての人に 自分を生きる力があるからです

 

 

あなたの意識が

あなたを被害者に留まらせているだけだからです

 

 

自分を生きたい人は ここからを読んでください

 

 

 

 

 

 

「自分が悪い」と考え 自己否定しているとき

上の絵柄のような状態ですね

 

本当はくくられている紐は
自分の力でほどけるくらい緩いのに
カードの女性は 縛られたままでいます

 

自分の力で ほどこうともしていません

ここから動こうともしていません

 

目隠しをして

物事を見る ということも放棄しています

 

 

「自分が悪い」 と自分を責めているときも

 

同じようなことが起きています

 

 

大人になった今 

 

自分を責めることは 恰好の言い訳になるんです

 

自分の人生の責任をとらなくてすみますから。。

 

 

そして

「誰かに責められている可哀そうな自分」をアピールすることで

 

「かまってもらえる」 と勘違いしているんです

 

 

わたしは可哀そうなの

助けて

 

わたしは寂しいの

一緒にいて

 

 

と愛を乞う人になってしまうんです

 

 

 

愛を乞うている限り

自分の足では立てません

 

 

 

ここは 本当に自分に正直にならないと

見えてこない側面です

 

 

愛を乞う自分がいることを認めるなんて

プライドが邪魔をします

 

 

でも 自分の人生を生きるためには

 

自分のなかにある被害者意識に正直にならないと

できないことなんです

 

 

 

誰だって 抑圧された子供時代の体験はもっています

そのときのパターンがあります

 

でもそれが 自分の中にあると正直に認めて

 

いまだに繰り返していること

いまだに他者に愛を求めていることに

気づくことができたとき

 

そこから抜け出して

内なる愛に出逢えるんです

 

 

 

でも ここも誤解しないでください

 

「愛が欲しい」と望むことが いけないということじゃないんです

 

人として誰かに愛されたい 暖かく包まれたい

と思うのは 自然なことです

 

でもその願いから

他者に求めるだけになると 自分を見失って

 

被害者の自分をつくってしまうよ

 

ていうことなんです

 

 

そして 被害者意識がある限り

 

パートナーシップがうまくいかない

愛されないストーリーを生きることになります

 

また お金が循環しない

というストーリーになるかもしれません

 

すべてあなたの内側から 繋がっているんですね

 

 

 

幸せを手にするために

 

「自分が悪い」 という思い込みに

 

無意識にはまるのはやめましょう!

 

 

あなたは悪くない!

 

自分を責めないで顧みる

 

そこから人生が本当に始まります

 

 

そして 「自分が悪いんだ」と思ってしまうとき

 

内側では痛みが疼いています

 

その痛みに寄り添ってあげて欲しいのです

 

 

 

ただここまで持ち続けたものは

一人で感じられることは 難しいでしょう

 

痛みと思考に巻き込まれてうまくいきません

floweringセラピー®のセラピストを頼ってください

 

自分のために行動すること

 

これが被害者を抜けるための 最初の一歩です

 

 

 

 

みなさんの心が満たされますように

 

らぶ

 

陽子

 

 

 

Blogを読んで何かを感じ取ってくださった方は

読者登録お待ちしています

 

読者登録する

 

更新のお知らせをお送りします

 

 

 

 

 

真実の愛に出逢いたい方は

メルマガ登録お待ちしています

3000名の方が愛読くださっています

 

floweringセラピー®協会サイトができました

イベント開催情報はこちらからどうぞ

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー® リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントする