愛の証人になるということ  カルマの解消

 

愛は

形がないもの

 

だから 今この瞬間にあったとしても

気づくことが難しいものです

 


もし 悩んで思考の世界に没頭してしまったなら

それは全く見えません

 

「愛されていない」

「愛がない」


その寂しさや痛みでいっぱいのとき

気がつくことはできないのです

 

 

それでも

愛はいつも 今この瞬間に流れていて

わたしたちに語り掛けています

 

 


神様は その形のない愛のエネルギーを

人間という 形あるものを通して体験してほしくて

この世界を創造されたといいます

 

愛のエネルギーを

肉体をもって体験するために

わたしたち人間が存在しています

 

 


人間側がすることは

愛に気づけるように 積もっている痛みを癒すこと

 


愛を受け取る土壌を自分につくることです

 

 

 

 

 


半年コースを受けてくださっているIさんは


過去のお父さんの無意識な行為に傷つき 

恐れと痛みを抱えておられました

 

お酒を飲んで暴力的になる父親を

幼い娘はどんな気持ちで見ていたかと思うと

胸が痛みます

 

根気強く幼い自分に寄り添い 3か月が過ぎ

だんだんと愛を受け取る力がついてきました

 

そんなある日 ふと思い出されたこと それは


亡くなる少し前のお父さんは 

とても凛として 光輝いていたということです

 

 

その光をたたただ 一緒に感じていったとき


「お父さんは私を愛してくれていた」


光からの言葉なきメッセージを受け取って

号泣されました

 

過去の痛みが 愛に溶けた瞬間です

 

 

過去の両親の無意識な行為をいつまでも覚えていることは

カルマにエネルギーを注ぐようなものです

 

でも 過去の痛みが残っていたら どうしてもそうなってしまいます

誰を責めることもできません

 

 

自分の痛みをしっかり昇華することができて初めて

違うところを見ることができます

愛に気づくことができるのです

 

お父さんは愛の存在であったことを

Iさんは目撃されました

 

そして 彼女が愛を受け取ったことで

過去のお父さんの無意識な側面は 許されたことでしょう

 

 

愛は 誰かに受け取ってもらえてこそ

循環し育っていきます

 

 

お父さんが亡き今 

それができるのは生きている人間です

 

今 わたしたちが 自分を癒し

愛を受け取ることが 

ずっと続いてきた負の連鎖をストップさせます

 

 

 

 

 


全ての人に 霊性と人間性があります

 

愛である面と

人間臭い側面があります

 


人間であるということは

痛みを自覚しますから 無意識な行為を起こしやすいのです

 


愛の目覚めの最終段階において

人の無意識な行為を 受容するためのレッスンがやってきます

 

 

それは 自分の無意識さを受け入れ

許しを乞うことでもあります

 

人間である限り 弱さも過ちもあります

 

それを許し合うことができる寛容さをもつことが


完璧になることよりも大切なのではないでしょうか

 

 

 

誇り高き人は

必ずどんなことにも愛を見つけ出すでしょう

 

 

なぜならそれが真実であると

どこかで知っているからです

 

 

 

 

みなさんが真実の愛と出会えますように

 

 

らぶ

 

陽子

 

 

 

 

真実の愛に出逢いたい方は

メルマガ登録お待ちしています

3000名の方が愛読くださっています

 

floweringセラピー®協会サイトができました

イベント開催情報はこちらからどうぞ

floweringセラピー®協会ホームページへ

 

floweringセラピー® リーフレット 販売しています!

リーフレットができました

 

 

 

更新のお知らせを送りします

 

 

 

この記事をシェアする