「怒り」は悪者じゃない

 

先日 メルマガ読者の方からこんな質問を頂きました♪

 

●-----------------------------------------------------------------●

私は怒りの気持ちが物凄くて、思えば昔から、

怒りのパワーが人より強いような気がします。
消化できない怒りがあるような、

積み重なっているような気がして、

生きにくく感じています。


母との関係からきているのだろうと感じています。
それは、私は何かあったときに気持ちを汲み取って欲しい、

共感して欲しいだけなのに、

いつも理路整然と正論を言われ、

行き場のない感情がたまりにたまっているように感じるからです。


その物凄いパワーの怒りを宥めるのが大変で、

人からよいこと言われても入らない、

納得しなくて、いつまでも怒っているという状態です。


前に進むために この怒りをどうしたら・・と、
とても悩んでいます。

もし、助けてもらえるヒントをもらえたら幸いです。

●-----------------------------------------------------------------●

 

 

感情を感じる上で

「怒り」は一番手こずる感情ですね

 

日本人は怒ったり 自己主張したりするのが苦手ですし

 

「怒ってはいけない」 という意識が

沁み込んでいますよね

 

だから 「怒り」を感じるのは難しく感じるのは

みなさん同じです

 

女性にとって 悲しみはまだ感じやすいんです

涙を流したらいいだけですから

 

でも 「怒り」が感じられないと

悲しみも感じ切ることは難しいんです

 

 

そんな 厄介ものの「怒りさん」

 

「怒り」がわいたなら あなたならどうしますか?

 

枕を叩く

大声で叫ぶ

物を壊す

 

こんな工夫をされている方もおられるようです

 

 

 

わたしたちがお勧めしているのは

 

①一人の安心できる空間を確保して

 

②「怒り」の気持ちを 声に出すこと

 

 

これだけです!

 

シンプルです

 

 

「怒り」はとても暴れん坊で めちゃくちゃですから

人にぶつけるのはやめましょう

 

結局 怒りのエネルギーが跳ね返ってきてあなたが傷つきます

 

だから怒りの解放は一人で行います

 

 

「怒り」の気持ちを言葉にするのは

少し難しいかもしれません

 

感情の声は いつもシンプル 一言です

 

「怒り」なら こんな感じかな

 

  バッカヤロー!

  うるさいんだよ!

  大っ嫌い!

  あっちいけ!

  死ね!!

 

なんて感じかしら^^

 

この単語を見て不快に思われた方は

「怒り」のエネルギーに 抵抗があるのでしょう

 

ということは

あなたの中の「怒り」さんは

ずいぶん抑えつけられていることでしょう

 

「怒り」を悪者にしないであげてくださいね

 

「怒り」のエネルギーだけを見ると

実に馬鹿バカしいんですよ

破壊的でパワフルです

暴れん坊です

 

悪いのは「怒り」じゃないんです

 

【怒りをため込んだ結果なってしまうもの】

 

これが手がつけられないんです

 

 

だからこそ 怒りを感じたならシリアスにならず

「こんなこと言う自分は悪人だ」なんて思うことなく

 

とにかく言わせてあげましょう

 

 

それだけで すっきりします

 

言い切ったなら 笑えてきます♪♪

 

 

 

 

 

 

「怒り」のエネルギーは爆発です

 

質問者の方がおっしゃるように

抑えつけようとするとすごく大変なんです

 

「怒り」を抑えるために

あなたの中のエネルギーを たくさん使っているんです

 

これが やる気のない原因になったり

体の痛みになったりもします

 

怒りを抑えるために
エネルギーを使わないでよくなったら・・

 

想像してみてください

 

もっとポジティブなことに

自分を使えるようになりますよね

 

でも 自分の中の「怒り」を恐れていると

自分を発揮することも怖いんです

 

誰かを傷つけてしまいそうで・・

ひどいジャッジをしてしまいそうで・・

 

加害者になることを恐れて

 

自分を抑えてしまうんです

 

 

これじゃあ あなたが可哀想ですよね

 

 

ぜひ 「怒り」を正しく解放してあげて

 

あなたも 伸び伸びと自分を発揮してください

 

 

 

 

 

怒りをためこんで 何かなってしまっていることも多いでしょう

 

「母親への怒りを持っている人」

「父親を憎んでいる人」

「人類を恨んでいる人」   などなど

 

その場合も同じです

 

感じる「怒り」を

一人の空間で表現させてあげます

 

 

でも

あなたは決して

 

「怒り」に巻き込まれないでください

 

今ここにいて 表現してください

 

 

ここが一番難しいポイントです

 

セッションでは

わたしたちが ここにいて

あなたが 感情に巻き込まれないで感じることを

サポートします

 

みなさん一人ですると

感情に巻き込まれます

 

「ため込んだ怒り」になるとなおさらです

 

感情が自分だと思っているし

 

感情が言う話を信じるからです

 

 

感情はあなたではありません

 

感情は あなたの中にある

エネルギーにすぎません

 

感じれば 通り抜けて行きます

 

 

感情のもつ言い分は

 

幻想です

 

 

「怒り」は言うでしょう

 

  「悪いのはお母さんだ!」

  「わたしを愛さなかった!」

  「わたしをコントロールした!」

  「わたしを無視した!」

 

 

さぁ これは真実でしょうか・・?

 

 

 

「怒りをため込んだあなた」にしたら

 

これが全てかもしれない

 

 

でも 「怒り」を感じて

 

その下にある あらゆる感情を感じたなら

 

この言い分は 違ってくるんです

 

 

 

「怒り」はそこにたどり着くための

 

スタート地点なんです

 

 

言い換えれば

 

愛に出会うための メッセンジャーです

 

 

 

 

怒りを感じ 感情を辿って 本当の自分の言い分を
汲みとっていくには

 

丁寧に自分と向き合うプロセスが必要です

 

今ここにいて

 

どんな感情もジャッジせず

どんな自分もジャッジせず

 

受け入れていくことが必要です

 

頭で分析することでは

たどりつけない場所です

 

 

 

抑えてきた感情の解放には

 

必ず終わりがあります

 

 

適切に向き合ったなら 半年で抜けるでしょう

 

半年を長く感じますか?

 

今まで生きてきた人生を思うと

短いですよね

 

魂の学びからしたら

ほんとうに短いです

 

 

いつまでも ネガティブな感情に蓋をするのではなく

 

今ここにいて 感じ切って

 

感情のもつストーリーから

 

自由になりましょう

 

 

あなたは愛の存在なんですから

 

 

今ここにいて 

感情を感じることを

体験したい方は

 

ぜひセッションや リトリートにお越しくださいね

 

 

感情を感じることを体験したなら

 

どんなネガティブな感情も

あなたの本質を知るためにやってきてくれていることが

腑に落ちます

 

 

どんな怒りも 受け入れて 感じたなら

 

今ここにある 愛を受け取れるようになります

 

 

でも 感情を抑えている限り

 

歓びや幸せを感じる感度も

抑えられているんです

 

同じ毎日 それじゃあ勿体ないですよね

 

 

今ここにある 豊かさを

 

惜しみなく受け取れるあなたで

 

残りの人生 生きていきませんか?

 

 

 

らぶ

陽子

 

 

 

 

わたしとパートナー光平と二人でお送りしているメルマガでは
真実の愛に出逢うための自分の見つめ方をお伝えしています
メルマガ登録して受け取ってくださいね

 

Blogを読んで何かを感じ取ってくださった方は
読者登録お待ちしています
更新のお知らせをお送りします

読者登録する

 

 

 

 

 

この記事をシェアする

コメントする