「お母さんさえ愛してくれたなら・・」過去の期待があなたを今ここから連れ出す

誰かに期待している限り あなたの空しさは埋まりません。「もし ○○だったら・・」を妄想しても 現実に生きることはできません。自分と向き合うというのは 「もし・・」 と つい考えてしまうところに あなたのどんな感情・気持ちが潜んでいるかってことを 見ることなんですね。

続きを読む →

「わたしが悪いんだ」 あなたを被害者に閉じ込める言葉

  こんにちは 真実の愛で映し合うパートナーシップ専門家 陽子です   クライアントさんがよく陥っているパターンに 「わたしが悪かったんです」 というのがあります   罪悪感の一種ですね   「自分が...

続きを読む →